ヘッダー画像

急激に増加している陥没乳首の割合

徐々に変化

アメリカやヨーロッパの文化が取り入れられたことによって、陥没乳頭にも影響はあり、現在の日本社会では食生活や生活のリズムなど生活習慣全体が大きく欧米化してきていると言っても過言ではありません。 特に食生活においては、かつては野菜や魚といったものが日本人の主食であったのに対して近年ではパンバーガー屋サンドイッチ、ピザといったファーストフードを口にする機会が格段に増えました。 さらに外食をする機会もかつての」日本社会に比べて格段に増加したといえるでしょう。 こうした食生活の変化にともなって男性・女性を問わずに日本人の体格は変化をしてきていると考えられています。 以前よりも体格が良い男性が増加しました。 これは女性にしても欧米人のようにバストが大きく魅力的な身体の女性の数が多くなったのです。 ただし女性の場合、魅力的な身体の割合が増えたことに比例して陥没乳頭の症状の確率も増加しました。 現在では軽度のものまで考えると日本人女性のおよそ5人に1人はこの症状を抱えている状態であると考えられているほどになっているのです。 陥没乳頭というのはここヘコんでしまっている状態のことをいい、その状態に応じて軽度のものと重度のものがあると考えられています。 刺激を与えることによって陥没した先っぽが突出するものを仮性(軽度)の状態、刺激を与えても先端が突出しないものを真性(重度)の状態というふうに位置づけております。 片側だけもしくは両側の乳頭に発生しているなど層によって治療するかや、症状は様々となっています。

女性だけでなく男性の陥没乳首もある

乳管の発達

この陥没乳頭は男性女性ともに発生する可能性がありますが、現代では主に若い女性に比較的多いと言われています。 こうした状態が発生してしまう原因としては、この部分を支える組織が先天的に未発達であるという場合や、乳腺炎や乳房の手術などによって症状があらわれる後天的な場合があると考えられています。 乳房の断面図をみてみるとわかりやすいのですが、乳房の周囲には乳管が張り巡らされており、これが乳房の大きさや陥没乳頭に大いに影響していると考えられています。 食生活が欧米化し、バストが大きい女性が増えたこと比例して陥没乳頭の女性の割合が増えたのも、バストの成長に乳管の成長が追いついていないためと考えられています。 乳腺炎にかかってしまうと凹んだ形になってしまうといわれているのも乳腺がバストを組織する上で大きな役割を果たしているためなのです。 もしも陥没乳頭の症状があらわれる場合には様々な弊害が生じるでしょうし、治療は人によっては深刻に悩んでしまうケースも少なくはありません。

問題やリスクが陥没乳首にはある

治療器具

問題点として陥没乳首の具体的に挙げられることとしては、赤ちゃんが産まれた際に授乳をするのが難しいという点や慢性的乳腺炎となってしまうリスクが高くなる点です。 そして誰かに見せるのを恥ずかしく思ってしまいコンプレックスを抱いてしまう点などを挙げることができます。 産後に授乳をする点については、どうしてもめり込んでしまっていて出てこない場合には乳房が張ってしまい苦痛を伴う可能性があります。 また、赤ちゃんに授乳することが難しいので母乳で育てることも困難になってしまうのです。 特に赤ちゃんを母乳で育てたいという強い希望を持っている層の場合は、赤ちゃんが産まれる前の段階から赤ちゃんに授乳しやすいように乳房の形を整えたりしましょう。 陥没乳頭治療器具などを使って専門のケアを開始しておくことが重要となります。 慢性的乳腺炎のリスクについては、何らかの理由で陥没している部分から細菌類が混入してしまうリスクが高くなってしまうのでその結果として乳頭炎のリスクが高まってしまうと言われています。 陥没乳頭に起因する慢性的な乳腺炎はこれの下の部分に繰り返し炎症が生じてしまう症状のことを指し、衛生面での管理が重要となります。

他人や男性の目が気になる陥没乳首

コンプレックス

凹んだ部分には特に汚れが溜まりやすくなっていますので、先っぽを清潔に保つように心掛けることが重要となります。 他人に見せることを恥かしく思ってしまう見た目の問題については、陥没乳頭によって恋愛に積極的になることができなくなったり、公衆浴場などで見た目が気になってしまい自分自身の外見に対してコンプレックスを抱いてしまうことが多くの人にあらわれる症状となります。 恋人や友人と一緒に生活をしたり温泉旅行へ行ったりした際に特に気になるというタイプが多く、また公衆浴場では他人の目も気になるという女性も少なからずいます。 コンプレックを抱いてしまっている場合には矯正器具などを使用して治療を行なうのが望ましいと考えられます。 このように先端が埋もれてしてしまうということは、単純に外見が気になるというレベルにとどまらず、精神的なコンプレックスや衛生面、そして授乳といった女性にとって重要なことにまで影響をおよぼす可能性がある重大な症状であると言えるでしょう。 多くの女性が陥没乳頭に悩み、症状を改善するために様々な手段や情報を仕入れて問題解決に努めています。 凹んでしまっている症状を治すためにはどのような方法があるのでしょうか。

陥没乳首を治療するマッサージとは

改善策

具体的な解決方法としては、陥没乳首の治療器具を利用する、マッサージを行なう、外科手術を行なう、という3点が現在では最も多く利用されている改善方法となります。 治療器具は外科手術に比べて即効性はないもののリスクや副作用が少なく最も多くの人に利用されている改善方法と言われています。 乳頭に装着するキャップ等の器具が代表的なものであり、男性女性ともに装着が可能である点や血液循環と細胞活動を活性化させることができるので、自然に凹んだ乳頭を突出させることができるという点が大きなメリットとなります。 マッサージは乳房や先端部分に負担をかけずに血行を促進させることによって症状の改善が見込める方法となります。 無理やり引っ張ったり、圧迫したりこねるようにマッサージをするとよいとされています。 また陥没乳首はマッサージをする際は衛生面に注意を払うことが重要となります。