ヘッダー画像

先天性の原因を解明していきましょう

サイクル

考えられる原因は乳房の脂肪の組織には、乳腺が広がっている構造となります。 乳腺で母乳が作られて、乳管を通ることで先に届きます。 この乳管は何本もの管が合流しているもので、12本から20本ほどになって乳頭とつながっています。 結局は乳腺についてはホルモンの影響を受けやすいものとなっていて、授乳中や離乳後、妊娠や生理のサイクルなどによって状態が大きく変わります。 まず乳管はホルモンの刺激を受けることによって、細胞分裂を行って増殖することで乳腺を作ります。 このように乳腺と乳管は密接な関係性のあるものとなりますが、これはお互いの発育について、かなりアンバランスになるようなケースがあります。 その場合には、陥没乳頭になると言われていますので、バストの大きさは、皮下脂肪の量と乳腺によって決定することになります。 しかし、バストの成長に乳管が追い付いていかないときに、先端にあるここが内側に引き込んでしまうことが原因の1つとして考えられています。 これは、やはり先天的な原因ということができるものですが、これは根本的な理論は明確になっていません。 先天的な理由の他には、後天的な理由によって凹んだ状態なってしまうことがあります。 このような先天性の症状は何科病気を患っているわけではありませんが、後天性のものは他の病気を発症していることも考えられます。 これは場合によっては、重大な病気を患っていることもありますので注意が必要です。

陥没乳首このままにしとくとどうなる?

どのような原因であるかを医師に相談する

授乳の際

後天的な埋もれてしまった原因には、乳腺炎や乳がんなどの病気を知らずに発症している場合があります。 陥没乳頭には、軽度の仮性のものと重度の真正のものとの2種類があり、酷い状態によって日常生活に影響を及ぼす可能性も確実にあります。 軽度の状態のときには、生活を送っていく中で気にすることなく過ごすことが可能ですが、重度の場合には出産をしたときに赤ちゃんへ授乳することが困難になることもあります。 授乳障害を引き起こしているときには、医療機関において医師による治療がすすめられる原因があります。 年齢が40歳未満のケースで授乳障害を起こしていると判断されるときには、このような保険適用によるケアが受けられます。 それ以外の理由でこれのオペを受けるときには、自由診療になりますので、費用の確認をしておくことをここではおすすめします。 万が一、手術による治療をするときには形成外科や美容外科を受診することになりますので、事前に医師の説明を受けてから行います。 実際は本来であれば突出している状態である乳頭が埋没していますので、こうして清潔な乳頭を維持することが難しくなる特徴がります。 そのために、細菌に感染しやすい状態と言うことができて、様々な病気になりやすいような原因となります。

早期発見で原因によって適切な対策を行う

診察でチェック

原因として可能性のあるものとしては、乳輪下膿瘍という病気があります。 乳輪下膿瘍は、乳輪の下側にしこりができることで、その部分に発症した腫瘍が破れることで膿が出てきてしまいます。 膿が出ても完治するということではなく、何度も再発してしまう病気となります。 そのほかには、慢性乳腺炎や急性鬱滞性乳腺炎という病気を発症してしまうこともあります。 慢性乳腺炎に関しては、妊娠や授乳期間に関係なく慢性的に発症する可能性がある原因です。 急性鬱滞性乳腺炎は授乳と関係しているものとなり、症状が進行してしまうと乳腺炎を引き起こして症状が重くなります。 後天性の埋もれている女性には、がん細胞がこの近くの管に発生すると、乳管を短縮させてしまうことで乳首のめり込みが起きます。 この状態が起こっているときには乳がんのサインと考えられますので、これが突然、陥没乳頭になってしまって、大きな痛みを伴っているときには乳がんの可能性も考える必要があります。 そのために後発性のこの原因が起こっているときには、医療機関での治療が必要になりますので、早めに医師の診察を受けることがおすすめです。