ヘッダー画像

まずは保険適用でいるか相談をしましょう

割合が増加

どの状態になれば保険適用される科の前に、現代の日本人は食生活の変化によって比較的短い時間の流れの中で急速にバストが大きくなりました。 バストが大きくなったもののバストの内部にある乳腺の成長がバストの大きさに追いついていないために陥没乳頭が生じてしまうと考えられているのです。 もちろん、このような症状が生じてしまう原因はこれだけではなく、これは仮性や真性といった程度の違いはあるものです。 これが先天的に乳頭を支える組織が未発達である時や乳房や乳腺の炎症や病気によって後天的に凹んだ状態となってしまうケースもあります。 このように埋もれてしまった形となってしまうと見た目にコンプレックスをどうしても抱いてしまったりします。 衛生面の問題から乳腺の炎症が生じるリスクが高くなってしまったりします。 保険適用は赤ちゃんに授乳する際に授乳困難となってしまったりと様々な弊害が生じることとなります。 心理的にも肉体的にも大きな弊害が生じると考えられますので、できる限り早い段階で適切な治療を施すのが望ましいと言えるでしょう。 これは具体的な治療方法として多くの人が取り入れているのが、最先端の器具による治療と外科による保険適用の治療となります。 器具による治療の場合年齢に関係なく気軽に治療ができるというメリットがある一方で、これは効果には個人差が大きく影響し関係してきます。

陥没乳首このままにしとくとどうなる?

保険適用される症状や状態とは

先天性

生活様式が欧米化した現代の日本社会においては、陥没乳頭に悩む人の割合が以前よりも増加していると言われています。 それが、ここでは保険適用もそのためではないでしょうか。 野菜や魚といった和食が中心の食生活から欧米の文化が、このように次々と取り入れられるようになった時は、現代の日本社会では肉類やファーストフードを口にする機会が大幅に増加しました。 それに伴い性別に関係なく日本人の体は以前よりも大きくなりましたし体格も欧米人に近くなったと考えられています。 特に若い女性の時には欧米人のような大きなバストを持つ人の割合が増加しましたし、結果それに比例して保険適用の埋もれてしまっている人の割合も増加したとデータからも考えられています。 なぜバストの大きな女性が増えると同時にこの悩みを持つ女性の割合も増えたのでしょうか。 その原因は、乳腺の急激な発達にあると考えられています。 そして保険適用となるのは乳房を主に組織しているのは乳腺という腺であり母乳もこの乳管を通して運ばれることとなります。

自宅で出来る保険適用の内ケアもあります

クリニック

キャップ状の器具を乳頭に装着し、そのまま普段通りに生活するというタイプのものが主流となっております。 血行の促進や周辺細胞の活性化によって凹んでいる部分の突出を図ることとなります。 外科でするケースでは多くの人に高い効果が期待できますし、即効性が高いという特徴とメリットがあります。 また症状が中度から重度の際は保険適用によって日帰りのオペが受けられる個人クリニックも多くなっているため具合によっては殆ど費用をかけずに治療を行うことができます。 保険適用になるのか外になるのかの境界線は陥没乳頭が病気や疾患とみなされるか否かにかかっていると考えて差し支えはありません。 仮性(軽度)の埋もれている症状の場合、見た目の問題はあるものの乳腺の炎症を引き起こすリスクは小さいですし、授乳をする上で重大な問題とは捉えられないことが多いため外となるケースが多くなっています。 一方で真性(重度)のパターンは感染症のリスクも高く授乳も困難な症状とみなされることが多いため保険が適用されるケースが多くなっているようです。 いずれにしてもこれを行う前に保険が適用されるか否かをクリニックに確認しておくようにしましょう。 時間は日帰りが可能なクリニックも多く、近年ではオペによるリスクや副作用も殆どなくなってきています。 しかし、どこでも常に100%成功するものではありませんから、万が一に備えてアフターケアが整っているクリニックで行なうことを強くおすすめします。 事前にメールや電話で予約をして、カウンセリングを受けてから保険適用をするクリニックも多いので、まずは、そのようなクリニックであれば比較的安心して任せることができるでしょう。