ヘッダー画像

どの状態が手術をしなくてはいけないのか

年齢によって

こうしたコンプレックスの元となる症状とは、乳頭の出方が不十分なもののことを言います。 乳腺と乳管についての、発育のバランスが崩れたことが理由で起こるものと考えられています。 陥没乳頭の場合には外見上において悩みの種となりますが、それ以外であっても授乳がしにくくなったりします。 めり込んだ部分に雑菌が繁殖してしまうことによって乳腺炎になりやすいなどの障害があらわれます。 このパターンの症状を乳頭吸引器を使用したり、もしくは丹念なマッサージのよる効果で改善が見られないときには、手術によって改善させることが有効な手段となります。 術後に後悔しないためには、納得した方法によって治療を受けたいと考える人がほとんどだと言えますので、病院選びが大切になります。 治療の内容については医療クリニックによって異なるものと言えます。 実は一般的に凹んでいる乳首を強く引っ張った後に戻らないように、乳首の根本の縫合を行います。 これが重症の場合には、皮膚の一部について真皮弁を作ることによってです。 このように乳首の土台の縫合を行ってここからまた再発しないようにします。 やはり手術を施すことによって、乳管を温存した形で凹んでいる部分を改善させることが簡単にできます。 そして授乳障害を発症しているケースであれば、授乳予定があると考えられる40歳未満の年齢であれば保険適用によってここでは手術を受けることができます。

陥没乳首このままにしとくとどうなる?

手術によるデメリットとリスクについて

デメリット

保険適用が効かない時の場合には、自費診療による手術になりますので、費用の面について把握しておくことがおすすめです。 局所麻酔によって行われる手術ですが、麻酔による痛みを軽減させたいと考えている人の場合には静脈麻酔をすることも可能です。 このように陥没乳頭になる理由としては、乳管が短縮することが挙げられますから、乳管を切断することができれば、簡単に形を整えることがここでは可能です。 しかし、そうすることによって授乳ができなくなるデメリットが発生します。 やはり、これが乳管を温存させることができる手術が受けられる医療クリニックを選ぶ必要があります。 乳管のつっぱりがある人や、乳腺炎を繰り返し発症している人の場合にはどうでしょうか。 もう一度同じ状態に後戻りしやすいと言えますので、しっかりと縫合をしてくれる施設を選択することが大切です。 乳頭の傷に関しては、他の部位と比較したときには目立たないものと考えられることもできますが、そうは言ってもこういった傷跡については気になるものとなります。 これには事前に症例写真を見せてもらうことで把握しておくことがおすすめです。 この内容の手術を行った後には、再発が起こらないようにそれぞれの医療クリニックによって工夫が行われています。 抜糸が完了するまでは医師の指示に従うことが重要で、消毒や手術後の注意事項をしっかりと守ることが大切です。

整形外科やクリニックでの手術

医療クリニック

通常であれば、手術7日間ほどが経過すると抜糸をします。 綺麗に抜糸をしてからおよそ2週間ほどの期間において、乳頭のつり上げ固定を必要とします。 シャワーに関しては、創部が濡れないようにすることで術後当日から可能となります。 患部のシャワーは抜糸を完了してから、翌日まですることはできません。 女性のプライバシーにかかわる治療となりますので、手術で医療クリニックを選ぶときにも大切です。 女性医が担当してくれることや、処置を行うスタッフも女性によって行ってくれるクリニックもありますので安心して治療を受けられます。 治療方法も大切なものとなりますが、術後の健康管理についてもアフターフォローをしっかりとしてもらう必要があります。 万が一術後にしこりが見つかったり、乳腺炎が生じているときに相談ができる体制の病院が最適です。 術後に定期的に検診を行ってくれるクリニックであれば、このような傷が目立っていないことや、乳がんのようなしこりがないか、授乳が可能かどうか確認してくれます。 陥没乳首は日帰り手術で行える場合であっても、高度な技術が要求されるものとなりますので、これには実績のある医療クリニックを選択してオペを受けることが良いでしょう。